中日新聞 みんなではじめるSDGs

もっとSDGsを知ろう!

 SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)は、2030年までに持続可能でよりよい世界の実現を目指すための17の国際目標です。目標を一つ、一つ見ていくと、2030年のあるべき姿がわかります。今月は17の目標の1つ目「貧困をなくそう」を紹介します。

貧困をなくそう

 世界には生活できなくなるほどの貧しさに苦しむ人が大勢います。中でも極度の貧困状態で暮らす(1日1.9ドル未満で暮らす)人の数は全世界で約7億3600万人(世界人口の約10人に1人)ともいわれており、その多くは南アジアやサハラ以南のアフリカなどの地域に集中しています。

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
End poverty in all its forms everywhere

 実は日本でも豊かな人と貧しい人の差が開いてきており、身近な問題にもなりつつあります。「病院に行けない」「教育を受けられない」など、他の問題を引き起こすきっかけにもなる貧しさの問題。こうした問題に対するSDGsに取り組むためには、まず自分たちが一日どれくらいのお金で生活しているかを調べてみましょう。そして貧困に苦しむ国の人々を知り、何ができるかを考えてみましょう。