中日新聞 みんなではじめるSDGs

目標3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

すべての人に健康と福祉を

健康的な生活を確保し、あらゆる年齢の幸福を促進することは、持続可能な開発に不可欠です。

余命を延ばし、子供と妊産婦の死亡に関連する一般的な殺人者の一部を削減する上で大きな進歩がありましたが、2030年までに100,000人の出産あたり70人未満の妊産婦死亡という目標を達成するには、熟練した出産ケアの改善が必要です。

2030年までに非感染性疾患による早期死亡を3分の1に削減するという目標を達成するには、調理中のクリーンな燃料使用とタバコのリスクに関する教育のためのより効率的な技術も必要になります。

さまざまな病気を完全に根絶し、さまざまな持続的で新たな健康問題に対処するには、さらに多くの努力が必要です。保健システムへのより効率的な資金提供、衛生と衛生の改善、医師へのアクセスの増加、周囲の汚染を削減する方法に関するヒントの提供に重点を置くことにより、数百万人の命を救うのに大きな進歩を遂げることができます。

事実と数字

子供の健康

  • 1990年よりも毎日1万7,000人の子供が亡くなっていますが、毎年5歳の誕生日までに500万人以上の子供が亡くなっています。
  • 2000年以降、麻疹ワクチンは約1560万人の死亡を回避した。
  • 世界的に進んでいるにも関わらず、サハラ以南のアフリカと南アジアでの子供の死亡の割合が増加しています。5歳未満の子供の5人に4人の死亡がこれらの地域で発生しています。
  • 貧困の中で生まれた子供は、5歳までに死亡する可能性が、裕福な家庭の子供たちのほぼ2倍です。
  • 教育を受けた母親の子供は、初等教育しか受けていない母親であっても、教育を受けていない母親の子供よりも生き残る可能性が高くなります。

妊産婦の健康

  • 妊産婦死亡率は2000年以降37%減少しています。
  • 東アジア、北アフリカ、南アジアでは、妊産婦死亡率は約3分の2低下しています。
  • しかし、開発途上地域では、妊産婦死亡率(出産に比べて出産しない母親の割合)は、開発途上地域の14倍になっています。
  • より多くの女性が出産前ケアを受けています。開発途上地域では、出産前ケアは1990年の65%から2012年には83%に増加しました。
  • 開発途上地域の女性の半分のみが、必要なヘルスケアの推奨量を受けています。
  • ほとんどの発展途上地域で子供がいる10代は少なくなっていますが、進歩は鈍化しています。1990年代の避妊使用の大幅な増加は、2000年代には匹敵しませんでした。
  • 家族計画の必要性は、より多くの女性のためにゆっくりと満たされていますが、需要は急速に増加しています。

HIV /エイズ、マラリア、その他の病気

  • 2017年には、世界中で3690万人がHIVと共に生きていました。
  • 2017年には、2,170万人が抗レトロウイルス療法にアクセスしていました。
  • 2017年に180万人が新たにHIVに感染した。
  • 2017年には、94万人がエイズ関連の病気で亡くなりました。
  • 伝染病が始まって以来、7730万人がHIVに感染している。
  • 流行が始まって以来、3540万人がエイズ関連の病気で亡くなっています。
  • 結核は依然としてHIVと共に生きる人々の主要な死因であり、エイズ関連の死亡の約3分の1を占めています。
  • 世界的に、思春期の少女と若い女性は、性別に基づく不平等、排除、差別、暴力に直面しており、HIVに感染するリスクを高めています。
  • HIVは、世界中の生殖年齢の女性の主要な死因です。
  • 現在、エイズはアフリカの青年(10〜19歳)の主要な死因であり、世界で2番目に多い青年の死因となっています。
  • 2000年から2015年の間に、主にサハラ以南アフリカの5歳未満の子供による620万人以上のマラリアによる死亡が回避されました。世界のマラリア発生率は推定37%、死亡率は58%低下しました。

目標3のターゲット

3.1 2030年までに、世界の妊産婦死亡率を100,000人の出生あたり70人未満に減らす。
3.2  2030年までに、5歳未満の新生児および子供の予防可能な死亡を終わらせ、すべての国で新生児死亡率を少なくとも出生1,000あたり12まで、5歳未満の死亡を少なくとも1,000あたり25まで減らすことを目指しています。出産。
3.3  2030年までに、エイズ、結核、マラリア、放置された熱帯病の流行を終わらせ、肝炎、水媒介性疾患、その他の伝染病と闘う。
3.4  2030年までに、予防と治療を通じて非伝染性疾患による早期死亡を3分の1減らし、メンタルヘルスとウェルビーイングを促進する。
3.5 麻薬の乱用やアルコールの有害な使用など、薬物乱用の防止と治療を強化する。
3.6  2020年までに、交通事故による世界の死傷者数を半減させる。
3.7  2030年までに、家族計画、情報、教育、国の戦略やプログラムへのリプロダクティブヘルスの統合など、性的およびリプロダクティブヘルスケアサービスへの普遍的なアクセスを確保する。
3.8 金融リスク保護、高品質の必須医療サービスへのアクセス、安全で効果的で高品質で手頃な価格のすべての必須医薬品とワクチンへのアクセスを含む、普遍的な健康保険の適用。
3.9  2030年までに、危険な化学物質や空気、水、土壌の汚染や汚染による死亡や病気の数を大幅に減らす。
3.A 必要に応じて、すべての国でタバコ規制に関する世界保健機関枠組み条約の実施を強化する。
3.B  TRIPS協定と公衆衛生に関するドーハ宣言に従い、主に開発途上国に影響を与える伝染性疾患と非伝染性疾患に対するワクチンと医薬品の研究開発を支援し、手頃な価格の必須医薬品とワクチンへのアクセスを提供します。公衆衛生を保護するための柔軟性に関する知的財産権の貿易関連側面に関する協定の規定を完全に使用し、特にすべての人に医薬品へのアクセスを提供する開発途上国の権利
3.C 開発途上国、特に後発開発途上国と小島嶼開発途上国における医療従事者の健康への融資と募集、開発、トレーニング、維持を大幅に増やす。
3.D すべての国、特に開発途上国の、国内および世界の健康リスクの早期警告、リスク低減、管理のための能力を強化する。

出典:国連 Sustainable Development Goals website / 国際連合広報センター