中日新聞 みんなではじめるSDGs

目標14:海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

海の豊かさを守ろう

世界の海–それらの温度、化学、流れ、生命–は、地球を人類が居住できるようにする地球規模のシステムを推進します。私たちの雨水、飲料水、天候、気候、海岸線、私たちの食べ物の多く、さらに私たちが呼吸する空気中の酸素でさえ、最終的にはすべて海によって供給および規制されています。歴史を通じて、海と海は貿易と輸送のための重要な導管でした。

この重要なグローバルリソースの慎重な管理は、持続可能な未来の重要な機能です。しかし、現時点では、汚染のために沿岸水域の継続的な劣化があり、海洋の酸性化が生態系と生物多様性の機能に悪影響を及ぼしています。これは小規模漁業にも悪影響を及ぼしています。

乱獲、海洋汚染、海洋酸性化を減らすために、海洋保護区を効果的に管理し、十分なリソースを確保し、規制を導入する必要があります。

事実と数字

  • 海は地球の表面の4分の3を占め、地球の水の97%を含み、地球上の生活空間の99%を体積で表しています。
  • 30億人以上の人々が生計を海洋および沿岸の生物多様性に依存しています。
  • 世界的に見て、海洋および沿岸の資源と産業の市場価値は、年間3兆ドル、または世界のGDPの約5%と推定されています。
  • 海洋には20万種近くの特定された種が含まれていますが、実際の数は数百万に及ぶ可能性があります。
  • 海洋は人間が生産する二酸化炭素の約30%を吸収し、地球温暖化の影響を緩和します。
  • 海は世界最大のタンパク質源として機能し、30億人以上の人々が主要なタンパク質源として海に依存しています
  • 海洋漁業は直接的または間接的に2億人以上を雇用しています。
  • 漁業への補助金は、多くの魚種の急速な枯渇に貢献しており、世界の漁業と関連する仕事を救い、回復するための努力を妨げており、海洋漁業は、年間500億ドルよりも少ない額を生み出しています。
  • 外洋のサイトは、産業革命の開始以来、現在の酸性度が26%増加していることを示しています。
  • 沿岸水域は汚染と富栄養化により劣化しています。協調的な努力がなければ、沿岸の富栄養化は2050年までに大規模な海洋生態系の20%で増加すると予想されます。

目標14のターゲット

14.1  2025年までに、特に海洋ゴミと栄養汚染を含む陸上活動によるあらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する

14.2  2020年までに、回復力の強化などによる重大な悪影響を回避するために海洋および沿岸生態系を持続可能な方法で管理および保護し、健全で生産的な海を実現するために回復のための行動を起こす

14.3 すべてのレベルで科学的協力を強化するなど、海洋酸性化の影響を最小限に抑えて対処する

14.4  2020年までに、漁獲量を効果的に規制し、乱獲、違法、未報告、規制されていない漁業、破壊的な漁業慣行を実施し、科学に基づく管理計画を実施して、可能な限り最短の時間で、可能な限り最大の持続可能な生産が可能なレベルまで魚の資源を回復するそれらの生物学的特性によって決定される収量

14.5  2020年までに、国内および国際法に準拠し、入手可能な最良の科学情報に基づいて、沿岸および海洋地域の少なくとも10%を保護する

14.6  2020年までに、過剰生産と乱獲に寄与する特定の形態の漁業補助金を禁止し、違法、未報告、無秩序な漁業に寄与する補助金を排除し、そのような新しい補助金の導入を控え、発展途上で開発が遅れている適切かつ効果的な特別かつ差別的な扱いを認める各国は世界貿易機関(WTO)の漁業補助金交渉に不可欠な部分であるべき

14.7  2030年までに、漁業、水産養殖、観光の持続可能な管理を含む、海洋資源の持続可能な利用から、小島嶼開発途上国および後発開発途上国への経済的利益を増加させる

14.A 海洋の健康を改善し、海洋生物多様性の開発への貢献を促進するために、科学的知識を高め、研究能力を開発し、海洋技術の移転に関する政府間海洋学委員会の基準とガイドラインを考慮して海洋技術を移転する開発途上国、特に小島嶼開発途上国と後発開発途上国

14.B 小規模の零細漁師が海洋資源と市場にアクセスできるようにする

14.C 海洋とその資源の保全と持続可能な利用のための法的枠組みを提供するUNCLOSに反映されている国際法を実施することにより、海洋とその資源の保全と持続可能な利用を強化する。

出典:国連 Sustainable Development Goals website / 国際連合広報センター