中日新聞 みんなではじめるSDGs

みんなではじめるSDGs 目標12:つくる責任 つかう責任

みんなではじめるSDGs 目標12:つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と 生産パターンを確保する
Ensure sustainable consumption and production patterns


 車や携帯電話などの便利な道具、美味しい食べ物、素敵な洋服など、私たちの身の回りには生活を豊かにしてくれるモノが沢山あります。それらは何からつくられているか考えたことはありますか。答えは地球にある“資源”から。世界では毎日たくさんの資源を使って多くのモノをつくり、私たちはそれを消費して暮らしているのです。
 では、今何が問題になっているのでしょうか。それは「限りある資源が少なくなってきている」こと、それに対して「つくられるモノが増えている」ことです。例えば「食品ロス」の問題を聞いたことはありませんか。せっかく作ったものを食べられないから捨てる、賞味期限が過ぎてしまったから捨てる、食べられる部分なのに調理の段階で捨ててしまうなどの原因により、日本で捨てられる食べ物の量は年間600万トン以上(※1)になると言われています。必要以上につくる側にも責任がありますが、食べられるものを残して捨ててしまう私たちにも責任があります。
 そこで目標12では、つくる側もつかう側も、それが必要なものなのかどうか、しっかりと考えて、最後まで責任を持ってしっかりとつかう。それをみんなで心がけるための目標です。

持続可能な生産の問題に対して私たちができること

 私たちができることは無駄遣いをなくし、省エネを心がけ、そしてご飯を残さず美味しく食べることです。それに加えて、限りある資源を有効に使うための方法にも目を向けてみましょう。このあとの目標にも繋がることですが、食べものを入れるプラスチック容器やペットボトルなどのゴミをしっかりと分別・リサイクルすることで、資源の無駄遣いを防ぐだけでなく、海を汚すプラスチックの問題にも取り組むことができます。
 今、世界中の人が日本人と同じ生活をした場合、1年間に地球2.8個分の自然資源が必要になる(※2)と言われています。こうした消費を少しでも減らし、未来の子どもたちが豊かな暮らしをおくれるようにするためにも、今の私たちが“つくる責任 つかう責任”をしっかりと考えていきましょう。

出典 : ※1 政府広報オンライン もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう ※2 世界自然保護基金(WWF) 日本のエコロジカル・フットプリント