中日新聞 みんなではじめるSDGs

みんなではじめるSDGs 目標13:気候変動に具体的な対策を

みんなではじめるSDGs 目標13:気候変動に具体的な対策を

気候変動及びその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
Take urgent action to combat climate change and its impacts


 皆さんは近年、ゲリラ豪雨や大型の台風、洪水、猛暑の日が増えてきたように感じていませんか。“地球温暖化”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。私たちが豊かに生活するために作ったモノや、使っている道具によって、地球温暖化が進んでおり、異常気象や海面上昇などの問題が世界中で引き起こされています。
 世界の平均気温はおよそ100年前と比べて0.85℃上昇しました(※1)。大きな原因は石油や石炭、天然ガスを燃やして電気を作っていることだと考えられています。石油や石炭、天然ガスをたくさん燃やすと二酸化炭素が発生し、地球が温かくなる問題を起こします。これが「地球温暖化」です。 このままのペースでいくと更に地球の温暖化は進むことが予想されています。地球が温かくなると南極や北極にある氷が溶け、海の水位が上がります。ホッキョクグマは暮らす場所をなくし、ツバルやキリバスなど海抜が低い島は国土の大部分が水没すると心配されています。日本でも巨大台風や豪雨などによる洪水や土砂崩れなどの災害が増加し、毎年多くの被害が出ています。私たちは地球の環境を守り、未来に生きる子どもたちに今の地球を引き継ぐためにも、力を結集してすぐに対策を取らなくてはなりません。

誰でもできる地球温暖化対策

 では、具体的にできることは何でしょう?それは、何度も利用できるエネルギーの活用を進める仕組みを作り広めるとともに、皆が意識を高めて暮らしの中で省エネを心がけることです。
 二酸化炭素をできるだけ出さないように工夫すること、例えばリサイクルに積極的に取り組み、環境に負荷をかけない商品を選ぶことも二酸化炭素を減らすことにつながります。少しの距離なら自動車に乗るのではなく、自転車に乗ったり公共交通機関を利用する。古い車や家電等を買い替える時はエコなものにする。エアコンの温度を控え目に設定する。身近で簡単にできることを皆が少しずつ実践すれば大きな力になるのです。その一方で、地球温暖化による災害の被害を軽減するためには、ハザードマップで避難経路や避難場所を確認するなど災害が発生した時の対応を家族で相談し備えることが大切です。

出典 : ※1 IPCC第5次報告書(2014年)