中日新聞 みんなではじめるSDGs

名古屋銀行:地域の教育・医療機関の支援や植樹の整備も

 名古屋銀行は「めいぎんSDGs宣言」に基づき、SDGs寄贈型私募債「未来への絆」を実施。手数料の一部をSDGsに向けた活動を行っている地域の教育機関や地方公共団体のほか、新型コロナウイルス対応に尽力する医療機関への支援を目的に寄附・寄贈をしています。 また、「名銀グリーン財団」では、2020年3月末までに、愛知県内のべ526の小中学校に植樹を寄贈。公共施設にも植樹等の整備を実施しています。
<写真:名銀グリーン財団が寄贈した植樹>

■名古屋銀行が取り組むSDGs