中日新聞 みんなではじめるSDGs

竹中工務店:持続可能な建築・まちづくり

 竹中工務店は、耐火集成材「燃エンウッド®」やCLT利用技術等を開発し、木造・木質建築の普及と国産木材の活用に取り組んでいます。木材の需要が高まることで、山林の保全・再生が図られ、林業の復活と森林再生、そして地域経済の活性化へとつながります。この森林資源と地域経済の持続可能な好循環を「森林グランドサイクル®」と名付け、環境・社会に貢献するべく、活動しています。これからも、豊富なソリューションを通じて、サステナブル社会の実現を目指していきます。
<写真:木造建築技術を多く採用した「フラッツ ウッズ 木場」>

■竹中工務店が取り組むSDGs