中日新聞 みんなではじめるSDGs

東海学園大学

環境を守るための“心”を育てる講義を開催

 SDGs2030ジュニアキャンプ(中日新聞社主催)が10月3、4日に、三重県志摩市・鳥羽市・伊勢市で開催され、東海学園大学松原武久学長が子どもたちに向け「身近なSDGs」をテーマに講義をしました。名古屋の平均気温が100年で2.1℃上昇したことや、二酸化炭素(CO2)の温室効果などをわかりやすく解説。参加した子どもたちはCO2排出量を減らすために自分たちにもできる取り組みを見つけ、それを毎日続けることが大切だと学びました。

 東海学園大学が取り組むSDGs